先輩社員紹介

各分野の「プロ」として活躍する若手社員たち。
入社を決めた理由や仕事内容、やりがいなどを聞きました。

自動車メーカー向け車輌資材の営業 営業:土田修平(車輌資材部門)

営業:土田修平(車輌資材部門)


工場の現場経験が営業シーンで
大きな武器に

就職活動を始めるまでは「セーレン=繊維の会社」というイメージでしたが、説明会で「ただの繊維会社ではない!」ことを知りました。絶えず新たな挑戦を続けているセーレンなら、自分も新しいことにチャレンジできると思い入社を希望しました。車輌資材部門に配属され、当初はオペレーターとして二日市工場で現場作業を経験し、生産技術部で量産設計のノウハウも学びました。その後、入社3年目の秋から営業職に就いていますが、車輌資材部門の営業は、糸の選定・組織・加工などのさまざまな技術的要素を組み合わせて、お客様の要望に合う製品を提案するため、現場での加工技術の知識が今の業務に大いに役立っています。例えば、お客様とのやり取りにおいて、問題点に対する対策案の説明などには、対策までの納期の目安や、現場経験に基づく製品イメージなどが具体的に把握できているので、交渉がスムーズに進められるのです。

土田さん 仕事風景


「商品のストーリー」に
かかわる醍醐味

営業の役割は、お客様である自動車メーカーに対してカーシート材やエアバッグ基布などの商権を獲得し、量産へとつなげることです。量産段階では、お客様の要求に合う品質を維持できるよう管理し、また、原価・利益などのコスト管理もしていきます。スケジュール管理では、糸の入荷から、編立・織立 → 加工 → 検査 → 出荷と、お客様への納入までにかかる日程を逆算してスケジュールを調整するなど、いわば「一つひとつの商品のストーリーにかかわる」ことができるので、やりがいやおもしろさを存分に味わえます。また、さまざまな関係者とのやり取りが不可欠なので、コミュニケーション力が大事ですね。日系自動車メーカーが海外にどんどん進出している現在、私もグローバルに通用する力を身に付けたいです。就活中のあなた、ぜひ一緒に働きましょう!

自社化粧品の処方開発 研究開発:酒井優夏(研究開発センター)

研究開発:酒井優夏(研究開発センター)


研究開発のお仕事に
憧れていました

学生時代は鉄やアルミを使った合金素材の開発など、主に「無機化学」を取り扱う研究室に所属していましたが、一方で「有機化学」の研究にも興味を持っていました。漠然とですが「白衣を着たお仕事に就きたい!!」という憧れがあり、地元福井県のメーカーで研究開発職を目指して就職活動を行っていました。その中で出会ったのがセーレンです。職場の雰囲気や施設の快適さだけでなく、あらゆる事業フィールドに展開している点、ひいては「無機化学」「有機化学」の両方に挑戦できる事業環境である点に魅力を感じ、入社しました。現在は、研究開発職として「化粧品の処方開発」というテーマの下、白衣を着て仕事に取り組んでいます。「使用する原料の選定」「原料の配合手順、条件の決定」など、業務で初めて取り組む部分については知識不足を感じることもありますが、実験の組み立て方や流れについては、学生時代の経験が活かせています。

村橋さん 仕事風景


オリジナル化粧品開発の
夢に向けて

仕事をする上では、「私にとっての顧客は誰なのか?」を常に意識しています。まずは商品を手にするお客様です。実際のご意見は商品開発者にとって貴重であり、実店舗やコールセンターに集まった情報をもとに開発計画を見直していきます。さらに、実際にお客様へと製品をお渡しする販売業務の方も、私たちにとっては大事なお客様です。販売員の方が説明しやすいように技術的なポイントを簡潔に纏めた資料を作成することも重要な業務です。現在、化粧品の店舗運営業務を担っている同期がいるのですが、将来的に彼女と構想したアイデアを自分が開発し、一緒にオリジナルの化粧品を世界へと売り出していきたいという夢を持っています。そのため、今は目の前にある課題一つ一つに挑戦する毎日です。私自身が開発に携わる化粧品が課題を一つ一つクリアし、商品化に近づいていくたびに、将来の夢に近づけているという達成感があります。

量産に向けた加工条件の確立と設計 生産技術:武内慎吾(車輌資材部門)

生産技術:武内慎吾(車輌資材部門)


量産に最適化した
加工技術条件を確立する

単純に「カッコイイから」という理由で、海外でものづくりに携わる技術者になりたい、とにかく海外で働きたいと学生の頃から憧れていました。そんな私にとって「夢で世界を変えていく」セーレンはぴったりの会社です。車輌資材部門に配属となった私は、半年間にわたり新田第三工場で生産現場の経験を積んだ後、生産技術部の量産設計グループで量産条件の確立と品質安定化の業務に就いています。車輌資材は、試作から加工技術条件の確立、量産設計というプロセスを経て量産に入ります。試作段階から量産に移行する際には、量産に最適化された加工条件の確立と設計、すなわち「量産設計」が不可欠なのです。

土田さん 仕事風景


海外で活躍する
夢に向かってレベルアップ

カーシートのような車輌資材には、不燃性や耐摩耗性・耐久性などについて極めて高度な品質が要求されます。そうした厳しい基準をクリアするために、どのような加工をすべきかを考えて設計するのは、とても難しい作業です。また、複数の製品の納期が重なる場合もあるため、常に納期を意識してスケジュールを組み立て、調整していかなければなりません。まだまだわからないことも多いのですが、これまでの仕事を通じて自分の技術力が向上していること、「海外でものづくりをしたい」という夢に一歩一歩近づいていることを実感しています。エンジニアとして海外で働くためには、技術力に加えて、自分の伝えたいことを伝えるツール「英語」が必須です。今後、英語力にも磨きをかけ、夢に向かってレベルアップしていきます。

自社ブランド店舗の企画・運営 販売営業:村橋祐也(スポーツ・ファッション衣料部門)

販売営業:村橋祐也(スポーツ・ファッション衣料部門)


新しい分野を切り拓いていく
姿勢に惹かれました

私は学生時代、自己成長ができる会社で働きたいという軸で就活を進めていました。当時から製造だけでなく企画や販売に挑戦しており、新規事業を立ち上げて成長させていくセーレンの姿勢に魅力を感じたため、入社を決めました。
現在は営業・販売職として、自社ブランドである「mashmania®」や世界初のパーソナルオーダーショップである「Viscotecs make your brand®」の店舗運営をおこなっています。具体的には、販売促進のためのイベントや方法を企画したり、よりよい商品開発のために、ご来店されたお客様の生の声を企画部署に届けたりしています。
新しい分野を切り拓いていく姿勢に惹かれて入社したセーレンで、私も新しい事業に携わっており、入社当初に思い描いたキャリアを積み重ねてくることができました。

村橋さん 仕事風景


最もお客様に近い場所で
仕事をしています

現在BtoCビジネスを進めているセーレンの中でも、最もお客様に近い場所で仕事をしており、経営課題の最前線を任されているという責任を感じながら仕事を進めています。
また、「mashmania®」や「Viscotecs make your brand®」の認知度をさらに上げるために、各種イベントへの出展、CMやチラシの制作、百貨店とコラボした催事など、様々な企画をおこなっています。自分で企画したイベントが販売促進、売上アップにつながったときにやりがいを感じます。
セーレンはまだ小売という業態の経験が浅く、これから知識やノウハウを積み重ねていく必要があります。その為には、お客様に最も近い立場で商品企画や売り場の問題点を顕在化させ、改善していくことが大切です。
「Viscotecs make your brand®」はセーレンにしかできない技術を結集した、在庫を必要としない最先端のアパレル販売のお店です。多くのお客様に楽しみながら自分だけの最高の一着をつくっていただくため、より魅力的なブランド運営をしていきます。

ビスコテックスプリンタの”ヘッド”開発 機械開発:久保貴明(ビスコテックス部門)

機械開発:久保貴明(ビスコテックス部門)


ユーザーにとって
安心して生産できる装置を

私は、自社工場で稼働しているビスコテックスプリンタの「ヘッド」開発に携わっています。インクを噴射するヘッドは、プリンタにとって重要な部分。インク詰まりなど不具合の発生を抑えながら、いかに高効率で利益を生み出せるかが問われます。開発の仕事は、社内のユーザーが使いやすく生産しやすい仕組みをつくるために課題を見つけ出し、それを改善していくことの繰り返しです。工場の生産を支える「縁の下の力持ち」として、今以上により良いものをつくりたいという思いで、日々の業務にあたっています。予想外の課題に直面して、なかなかうまく解決できない場合も多いのですが、入社以来、自分自身の技術力は確実に向上していると実感しています。

村橋さん 仕事風景


開発に加え、
企画提案もできる技術者に

ビスコテックスは、セーレン独自の技術です。つまり、他社の追随を許さない最先端の技術領域を自分たちで開拓していけるということ。さらに、衣料に限らず、例えばブロックなどの建築資材にも加飾できるので、その応用展開の可能性は無限に広がっています。いろいろな付加価値を生み出せるのが、ビスコテックスの大きな優位性と言えるでしょう。大学院で機能機械工学を修め、新しい装置を開発できる技術者になりたいと思っていた私には、持って来いのテーマです。また、私のように経験の浅い若手にも大きな仕事にチャレンジする機会が与えられ、開発チーム内の上司や先輩方にサポートしていただきながら、どんどん成長できる環境にも感謝しています。今後さらに経験を積んで、開発だけでなく企画提案もできる技術者になりたいです。

新会社設立のサポート・契約関連業務 事業管理:北川惠里加(車輌資材部門)

事業管理:北川惠里加(車輌資材部門)


語学力を活かして
グローバルに活躍したい

大学時代は外国語学部で「ウルドゥー語」を専攻していました。あまり馴染みがないかもしれませんが、広く南アジアで使用されている言語です。就職活動では、グローバルに活躍できるかどうかを軸に企業研究を行い、地元・福井のグローバル企業セーレンにUターン就職することにしました。現在(※)グローバル事業企画部に所属し、メキシコ新会社設立のためのサポート業務のほか、欧州市場開拓に向けた業務提携の契約関連業務などに携わっています。メキシコの前は、インド・インドネシア子会社設立のサポートをしていましたが、人種や文化、気質など、国が変わればやり方も異なるため、それぞれに合わせた計画や対応が必要だと改めて思いました。
(※このインタビューは、2014年11月に行われました。)

村橋さん 仕事風景


ビッグ・プロジェクトに携わる
責任とやりがい

グローバル化の一環として進めているメキシコ新会社設立のサポート業務では、設立までのスケジュール調整に加え、工場の機械・設備の手配などのサポートを行っています。なかなか経験できないような、とても大きなプロジェクトにかかわっている責任とやりがい、楽しさを実感しています。こうしたグローバル事業に関する業務は、基本的にすべて英語で行います。これまでに経験した業務では、いわゆる「ビジネス英語」について自分自身の力不足を痛感させられました。語学力のほかにも、現地の法律をはじめ、工場の製造工程や生産技術、財務・取引・支払関係など幅広い知識が必要です。上司や先輩方のサポート、既存の海外拠点の協力を得ながら、一つひとつスキルアップしているところです。

エントリー&マイページ
ページトップ