先輩社員紹介

各分野の「プロ」として
活躍する若手社員たち。
入社を決めた理由や仕事内容、
やりがいなどを聞きました。

ハウジング資材販売部  ハウジング資材販売3課

営業/商品販促・顧客管理(売上、利益、未収金の管理)

竹内 廉貴

経済学部卒業 [2019年度入社〕

Q1

セーレンに入社した理由は?

大学3年生の就職活動の時、漠然と「なんらかの形で地元の福井に貢献したい」と思い福井県の企業を志望していました。企業説明会に参加する中で、「繊維の技術」を土台に多様な分野に挑戦していくセーレンの姿勢と素材の可能性に強く惹かれていきました。そして私も先輩たちのように様々な分野で挑戦・活躍できる人材になりたいと思うようになり、入社を希望しました。

Q2

これまでのキャリア・現在の仕事内容は?

[商品開発部 エレクトロニクス資材担当 2019年~2022年3月 → ハウジング資材販売部 2022年4月~]
商品開発部でエレクトロニクス関連の開発を担当しました。主にエレクトロニクスと繊維分野を複合させた、市場にない商品開発に携わらさせて頂きました。2年半在籍し、繊維の基礎知識を学びつつ、徐々に担当を任せてもらうようになりました。担当した案件は今までにない製品の開発なので、評価方法、管理方法の確立に苦労しました。そこについては積極的に人脈を作ることで他分野の情報を入手し、完成に近づけていきました。
入社4年目に現在のハウジング資材販売部に異動しました。建築資材・土木資材の販売の営業を行っています。商品開発部のころとは違い、他社品を含む市場知識習得、営業マナー、モノとお金の流れなどが必要で、日々学んでおります。販売は売ったらそこで終わりではなく、未収管理やお客様に継続してコミュニケーションを取ることで他の商品の販促にもつながるよう意識しています。

Q3

仕事のやりがいは?

商品開発の時は、仮説を立て、データを取りをし、問題を改善するにはどうするかを考え、開発を行っていました。
もちろん上手くいくことばかりではありませんでしたが(むしろその方が多いです)、うまくいったときの達成感は格別でした。また他分野の商品知識・加工技術も学べたことが自己成長につながっていたと思います。
ハウジング資材販売部では、お客様に商品を購入頂き、利益を拡大することを目標に動きます。お客様に購入していただくためには、市場知識、商品知識などを総動員する必要があり、非常に大変です。その大変さを乗り越えお客様から購入頂けたときはとてもうれしく、やりがいを感じました。

Q4

今後の夢は?

セーレンにしかできない、お客様が求める商品を企画して開発し、立ち上げることで利益に貢献することです。
2分野で経験したことを生かして、お客様に満足していただけるような企画・立案ができるような営業マンになりたいです。
そのためにも、日々の仕事の中でセーレンができる事をしっかりと学び、お客様から信頼してもらえるように日々の活動を丁寧に、迅速に進めていきたいと思います。

Q5

これから入社を志す方へ
セーレンを一言で表すとどんな会社?

セーレンを一言で表すと、「挑戦している会社!」です。
繊維の一貫製造体制(原糸製造、織編、染色、加工、縫製、製品化)という世界に類を見ない体制をもっており、その強みを生かしながら、様々な分野のお客様に商品を届けています。
多岐に渡る分野に進出している会社だからこそ、若手に仕事を任せてもらえる風潮があり、多様なスキルを身につけることができると思います。

とある1日のスケジュール

09:00

出社・メール確認

10:00

課内打合せ

12:00

昼食

13:00

客先訪問・打合せ

16:00

客先対応資料作成(見積、商品説明資料等)

17:00

売上確認

18:00

退社