若手社員座談会

当社の若手社員に「入社のきっかけ」や「職場の雰囲気」などを
本音で語ってもらいました。

メンバー

member

川野智司 川野智司 かわのさとし

環境・生活資材部門 商品開発部

デザイン工学部 都市環境デザイン工学科 卒業
2019年度入社
山岸千夏 山岸千夏 やまぎしちなつ

ビスコテックス部門 事業管理部

文芸学部 英語英米文学コース 卒業
2019年度入社
池上秀彦 池上秀彦 いけがみひでひこ

研究開発センター 開発研究グループ

理工学域 電子情報学類 卒業
2018年度入社
宮地佑佳 宮地佑佳 みやじゆか

研究開発センター 開発研究グループ

工学部 生物応用化学科 卒業
2018年度入社
中島直哉 中島直哉 なかじまなおや

研究開発センター 商品開発グループ

工学研究科 電気電子工学専攻 修了
2019年度入社
小林大洋 小林大洋 こばやしたいよう

車輌資材部門 合皮商品開発部

工学研究科 材料化学専攻 修了
2018年度入社

セーレンに入社した理由は?

小林

就職活動は、短期間で集中して行っていました。大学院での研究も大事にしていたので、本当に志望していた数社だけの受験です。勿論、悩むこともありましたが、地元福井県での将来設計や暮らしを考えた上で、幅広いビジネスに挑戦できるセーレンに決めました。

宮地

私の場合ですが、小林君とは違って3年生の夏休みからじっくり就職活動をしていました。ものづくりに憧れていて製造業を多く見ていたのですが、セーレンが本命になったのはショールームを訪問したときです。今のビジネスに固執せず時代を先読みしている、そんな製品群を見て自然とわくわくしてたんですよね。会社の人の話も面白くて、是非一緒に働きたいなとも感じました。

座談会の様子

池上

福井に帰る前提でものづくり企業を見ていました。ただ、一生同じものを作り続けるのは嫌だなと感じてたんです。
説明会で技術内容を聞いている内に「こんなものが作れるんじゃないか」、「あれも出来そう」、こんな感じでどんどんインスピレーションが湧いてきたんです。ここでやりたいことを見つけよう、そう思いました。

中島

小さな頃から製造業を考えていた僕は、大学院でも電気電子を専攻していました。ある合同説明会で、ふとセーレンのブースが目に入ったんです。繊維メーカーだと思っていましたが、繊維を超えて何でもやっている、技術力を多方面に展開する応用力を感じました。同じ電子部品を作り続けるのではなく、常に新しいものを追いかける姿勢、そこに共感し、入社を決めました。

座談会の様子

川野

皆さんには申し訳ないのですが、最初は軽い気持ちでセーレンの選考を受けていました。本音を言えば、当初は公務員試験も考えていました。ただ、選考を受けていく中で自分の考えが変わっていることにも気付いたんです。ビジネスとして大きな可能性があるのは当然、様々な地域や都市で働き、多くの人と触れ合って自分を高めていきたい。そういう機会を提供してくれる会社だと感じました。

山岸

セーレンはメーカーなので理系のイメージがありましたけど、チャンスがあるかもしれない、と思って選考に挑戦しました。これだけの技術力を持ちつつも、残念ながら全国では意外と知られていないんですよね。私なりにPRしたい、セーレンの技術を広めていきたい、という気持ちが最終的な志望に繋がったんだと思います。

入社後の印象、職場の雰囲気は?

池上

入社後に感じたことですが、自動化が進んでいる職場と進んでいない職場の差が激しい、ということですかね。そういった手作業を自動化したいと思い、アプリの開発を提案したところ、すんなり許可を貰えたこともあります。やりたいことをやらせてくれる雰囲気が気に入っています。

座談会の様子

山岸

職場は和気あいあいとしていて、居心地は良いです。といっても、お客様のご来社もあるので、大事な場面では皆さんしっかりしている印象です。年の近い先輩はいないのですが、壁が無くミスもカバーしてくれるので、安心して仕事を進めています。

川野

研修中に感じたことは、とにかく会話が楽しいということです。備品の使い方やラボでの実験器具の使い方など、これでもかというくらい丁寧に教えてくれますね。自分も後輩が出来たら丁寧に教えてあげたいです。

中島

勝手なイメージですが、工場の中はもっと大声や怒号が飛び交うものかと思っていました。そんな怖いことはなく、皆さん前後の工程を強く意識していてとても勉強になります。職場環境は同期の山岸さん、川野くんと同じです。皆さん優しくて常に感謝しています。

座談会の様子

小林

そもそも工場で製品が作れないと開発しても何の意味も無いですよね。なので現場実習は、自社でどういったものを、どのように生産しているかを間近で知れる良い機会でした。
僕は思ったことをガンガン主張したいタイプですので、自分の意見を尊重してくれる、提案に耳を傾けてくれる雰囲気は特に合っていると思います。

宮地

職場、とは少し違うのですが、私は「人材育成に手厚い会社」だと感じています。研修期間も長く、一つずつ丁寧に教えてくれますし、初期研修が終わってからも定期的に研修を受けています。先日、「仕事の優先順位の付け方」というテーマで二年目研修を受けましたが、すぐにでも普段の業務に活かしたいと考えています。

座談会の様子

現在の仕事内容、将来の夢は?

座談会の様子

川野

現在、環境・生活資材部門の中で介護関係の資材開発を行っています。資材の販売先は東京、資材の加工委託先は大阪と、様々な地域に渡っています。委託先にどのような指示書を作って、どのような話をするのか、覚えることも多く頭を抱える日々ですが、少しずつ自分なりの提案が出来るよう頑張りたいと思います。将来的には福井を飛び出して東京や大阪、そして世界で活躍できる人材を目指したいです。

中島

今の部署に配属されてからは、まず大学と社会人の違いに困惑です。書類作成ひとつをとっても、大学では丁寧に情報を並べていましたが、会社では簡潔さが求められていると感じます。
現在、テーマとしてCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の開発にアサインされているのですが、自動車のボディやインフラ建築資材などあらゆる用途に展開していくことが将来の目標です。

座談会の様子

池上

僕は現在、スマホ用電子部品の開発・生産を行っていますが、どちらかというと、生産工程の改善に取り組みたいと考えています。会社への貢献の仕方は様々ですが、現状の生産体制に甘えず更なる自動化を推進したいです。手作業による時間ロスや検査ミスはコストや品質面でセーレンの競争力を落としてしまいます。自社でソフト開発を行うことで会社、ひいては自分の付加価値を高めていきたいですね。

山岸

今はビスコテックス部門で、グループ内外取引に係る経理業務を主に担当しています。まだまだ勉強すべきことも経験すべきことも多い身ですが、PCの前でじっと座っているのは性分に合わないんですよね。今後は自分の足で動いて、セーレンの製品や魅力をPRする方法を考えていきたいです。Make Your Brandに代表されるセーレンの技術ですが、女性の目線を持って展開し、知名度アップに貢献したいと思っています。

宮地

私はセリシンの新しい機能の発見、ついては、新しい化粧品開発に応用できないか、という目線で研究を行っています。直近はここでの成果が目標ですが、将来的には消費者目線を持った開発者として、化粧品事業のさらなる売上拡大を目指しています。そのため、マーケティングや企画などあらゆる面で経験を積んでいきたいですね。

小林

僕は車輌資材の中でも、カーシートに用いられる合成皮革の素材開発を行っています。ありきたりかもしれませんが、自分の手がけたシート材が登載された車にいつか乗ることが夢です。やっぱり、会社や商品が世の中に広まっていくことって滅茶苦茶嬉しいんですよね。もっともっと県外や世界の人たちに周知できる、そんな誇れる会社を若い力で作り上げたいと思っています。

座談会の様子

最後に就職活動中の学生さんに一言!

宮地

私の思いを率直にお伝えします。
なかなか、「利己的」に自分のためだけに生きていくと、いつか限界が来ると思います。そんなときは。この会社や相手に対してどんな貢献ができるか、「利他的」な精神を持って欲しいと思います。会社や人のためにも働ける、というのも案外悪くないですよ。

池上

宮地さんに補足する形ですが。といっても自分の好きなこと、やりたいこと、そして夢も絶対に見つけて欲しい。どんな会社や職場でも上手く行かないこと、辛いことは絶対にあります。目標があるだけで将来が見えるし、自分のハードルも乗り越えられます。それが会社を通じて自分の財産になると思います。

山岸

セーレンの男女比を見ると、少し女性が少ない印象を受けると思います。でもそこで挫けて欲しくないです。諦めて欲しくないです。過去の実績にとらわれず、今からのセーレンを作り上げるために、自分の熱い思いを持って挑戦してくれる人を待っています。一緒に女性が活躍する会社として名を馳せていきましょう。

座談会の様子

川野

僕は目線を変えて学生生活について。入社してからはっきりと分かりましたが、やっぱり学生と社会人は違います。短い学生生活かもしれませんが、とことん妥協せずに楽しんで欲しいと思います。何かを中途半端にするよりは、強い拘りを持って達成して下さい。そして悔いなく社会人を一緒に楽しみましょう。

中島

就職ってどうしても不安がつきまとうものですよね。でも、会社選びは直感、インスピレーションで決めて欲しいです。人の意見ではなく、自分で。会社に入る前も会社に入ってからも、実現したいこと、夢はきっと見つかります。一緒にくだけた話をしながら、楽しんで仕事をしてくれる方、心よりお待ちしています。

小林

皆さんにお伝えしたいのは「知識を持っておいて欲しい」ということです。知識を持つこと、その積み重ねで思考や経験が豊かになります。さらに働く上では、アウトプットのスピードや方法も大事になってきます。そこで、自分が持っている知識やスキルをどう表に出していくか、活用していくか、この観点をどんどん磨いて欲しいと思います。
最後になりますが、福井県は住み心地も良く、新幹線も繋がり、今後ますます話題になっていきます。一緒に福井県を盛り上げたい方は是非、セーレンの扉を開いてみて下さい。一緒に活躍できる日を一同楽しみにしております。

座談会の様子
エントリー&マイページ
ページトップ